愛知かえる会〜愛する人が自然にかえる散骨
◆ トップ ◆ 実例紹介 ◆ 簡易遺言書フォーム(無料)
◆ よくある質問 ◆ お問い合わせ ◆ 法令に基づく表記
[ 携帯サイトはこちら ]
愛する人が自然にかえる散骨



愛知かえる会』 とは・・・

愛する人が自然にかえる散骨のお手伝いを行なっています。 「自然にかえる」「葬送のあり方をかえる」きっかけになればと名付けられました。 生あるものには、いつか死がやってきます。日常の煩雑さから、つい忘れがち、あるいは忘れておきたいことでしょうが、確率は100%なのです。必然的なことをタブー視せず、生命の源である海へかえることを希望される方に、親切丁寧な対応と安心をお届けします。 最近では少子高齢化や核家族化が進み、親の面倒は子供がみるということも難しくなってきています。「残された人に迷惑を掛けたくない」というのが多くの方のご意見です。 散骨という方法を知ることで、ひとつの不安が解消されれば幸いです。

ごあいさつ
お問い合わせのページより24時間受付中です。

国内

県営名古屋空港発着:上空から海への散骨
 随時受付中

上空から海への散骨
(画像上部:小型飛行機の主翼と水平線です)

船上から海への散骨
 随時受付中

船上から海への散骨
(使用船例:クルーザー船 同乗9名まで)


海外
【ハワイ沖への散骨】
 予約受付中


【インド ガンジス河への散骨】
 予約受付中

その他
・ 遺骨細粒化処理のみ
・ 他空港の利用
・ 思い出の場所

ご希望によりアレンジいたします。

今なぜ、散骨なのでしょう?

  •  『自然にかえりたい』
  •  『お墓を持っていない』
  •  『お墓を守っていく人がいない』
  •  『お墓に入りたくない』
  •  『現状制度に不満や疑問がある』
  •  『思い出の場所がある』
  •  『遺言をかなえたい』

   ・・・このようなご意見が増えてきています。

散骨するのは、誰のため?

葬送とは、故人のためのものと思われますが、この世に本人はおらず、残された方が行なわざるを得ません。 愛する方とのお別れに直面し、それを受け入れ、さらに生きていかなければなりません。 しかし、地域風習、しきたり、世間体裁などにとらわれ過ぎてはいないでしょうか?お墓や戒名を否定はしませんが、絶対に必要というわけではないのです。新規墓地開発による環境破壊や無縁墓増加などの問題が起きている中、わが国の散骨は1990年代からと歴史は浅いものの、着実に増えています。残された方にとって、より良い方法を選択してください。

アンケ−ト調査では・・・

  •  散骨をする人がいても良い  72.2%
  •  自分自身の散骨を希望する 18.6%
  •  散骨をするとしたら海を希望 53.0%

アンケート結果(インフォシーク調べ)は、こちらからご覧ください。

散骨を終えてのご感想

  •  『希望がかなえられホッとしました』
  •  『スッキリとした気分です』
  •  『お墓や親族から解放されました』
  •  『こういう最期もいいですね』
  •  『将来は自分も散骨してもらいたい』
  •  『心機一転できそうです』

どのようにしたらよいのか お悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。
誠意をもって、親切丁寧にアドバイスさせていただきます。



愛知かえる会
Copyright(c) 2011 Aichi Kaerukai, All Rights Reserved.
愛知かえる会 トップ

当サイトへのリンクにつきましては、こちらをご覧ください。
プライバシー・ポリシーにつきましては、こちらをご覧ください。
Microsoft Internet Explorer 5.0以上、Netscape Communicator 4.7以上での閲覧をお勧めします。

トップ実例紹介簡易遺言書フォームよくある質問お問い合わせ法令に基づく表記